遺品整理をする場合に知っておきたい基礎知識

今回は【遺品整理をする場合に知っておきたい基礎知識】をまとめておきたいと思います。

故人が亡くなった後に残されるものが<遺品>と<遺産>です。

遺産は金融商品である預貯金や株や不動産などお金として大きな価値のある財産のことです。

一方の遺品は遺産の中でも動産部分になります。

物品がほとんどで財産価値はあまりないものが多いです。

具体的には「洋服」「家電商品」「生活雑貨」「家具類や電化製品」でしょう。

読書家の人ならば大量の蔵書があるでしょうし、音楽好きな人ならばCDやレコードがあるかもしれません。

こういった趣味のものも遺品になるわけです。

この遺品をかたづけるのは大変な作業です。

より分けするには捨てていいものかどうか判断できる人じゃないとできません。

そして、整理しなければならない点数がとても多いです。

作業も分別と撤去が同時に進まないと家の中がものであふれかえります。

そして収拾がつかなくなるわけです。

とくに別居していて一人暮らしをいていた場合は家1軒をまるごと整理しなければなりません。

引越するのと同じ労力が必要です。

そんな場合に助かるのが遺品整理代行会社です。

利用した人の話を聞いてみたら大正解のようです。

洋服1枚から大型家具まで丁寧に片付けてくれるそうです。

最後は家の中のクリーニングまでしてくれるので完璧です。

看病と葬儀で疲れ切っているときにはとても助かるでしょう。

<片付けやさん>に依頼しなかったら形見分けもできなかったかもしれません……なんて声も多いです。

お葬式を執り行う肉体的にも精神的にも疲れがでてきます。

そして大事な家族を亡くしたという辛さだけでも大変です。

遺産整理などの負担もとなると疲労困憊して立ち直れません。

故人の遺品整理はプロの遺品整理代行会社に任せるのがいいでしょう。

気になるサイト…遺産相続放棄した場合でも遺品処理は身内がするべきですか? – Yahoo!知恵袋